合宿での車の免許取得は魅力満載【最短で運転スキルアップップ】

自家用車

1人部屋と相部屋

免許

車の免許を取得するときには、短期で免許取得が可能で費用も安いといった合宿を選択する人もいます。
そんな人は、色々と悩むことがあるかもしれませんが、そのうちの1つとして宿舎の部屋をどうしようかと悩む人も多いでしょう。
宿舎の部屋には1人部屋と相部屋があり、それぞれでメリットやデメリットがあります。
ですから、車の免許取得を合宿にする場合には、1人部屋と相部屋のメリットとデメリットについて把握して選びたいところです。

まず、1人部屋のメリットといえるのが気を遣うことなくリラックスして過ごせることです。
相部屋だと、どうしても他の人に気を遣わなければならないため教習で疲れていても気休めができないということがあります。
その点、1人部屋なら好きなタイミングでお風呂に入ったりテレビを見たりと自由に過ごせますので、教習で疲れていても思う存分息抜きができるといったメリットがあります。
そういった息抜きができることで、毎日の教習を万全の状態で受けることができますので、車の免許取得も多いに期待できるのです。
しかし、1人部屋にすると相部屋よりも料金が高くなるといったこともありますので、料金を安く抑えたい場合には相部屋の方がおすすめです。

そして、1人部屋だとせっかく一緒に教習を受けている人と交流する機会が減ってしまうといった問題点もあります。
相部屋なら複数の人と交流ができ、また修学旅行のような合宿免許ならではの雰囲気を楽しむことができます。
合宿免許は交友関係を広げられるチャンスですから、せっかくなら相部屋を選んで一緒に車の免許取得を目指す人と仲良くなって、教習の悩みやプライベートの話もするとより合宿免許を楽しめるはずです。